バイシクルシティエキスポを見物しに行ってみた。

バイシクルシティエキスポ

業界人向けの催し物としてバイシクルシティエキスポというものがある。
部外者が行っても仕方がないのだが、入場無料で誰でも入れるようになっているのでちょっとだけ覗いてみた。

ポロクル


今年からドコモバイクシェアと同じシステムを採用することになったポロクルだが、いくつか細かいところで差異がある。

車両はこのために作られた専用車とのこと。ビッケベースのようだがスマホホルダーを装備して利便性を考慮したり、かわいくまとまったデザインになっている。
展示車両はサドルがそこそこあげており、シェアサイクルに多いあの憎きテリーサドルでは無くスポーツタイプのサドルを使ってるあたり好感が持てる。
降雪地域の為、冬は営業停止するポロクルだが比較的平坦な札幌に前輪モーター駆動+後輪ベルト駆動のデュアルドライブはある程度の悪天候にも対応できそうでいい選択かもしれない。
使用条件が違うので単純比較はできないが経年劣化が都内とどう違ってくるだろうか。

ポロクルは都内と違う専用アプリを使用する(IDは共通で使える)が、実はスマホでの予約段階でバッテリー状態を確認できるとのこと。えっと驚いたがドコモもいつまでも旧来のシステムに縛られているというわけでもないということなのだろう。早く都内のシステムもアップデートしてほしい。うらやましい限りだ。

豊田トライク


どうみても個人向けではないが存在感のある豊田トライク。なぜかシェアサイクルのダイチャリと一緒になって展示されていた。

ダイチャリはいわゆるハローサイクリングファミリーだが、東京神奈川埼玉の比較的広い地域にまたがって営業している。使う分には特に考える必要はなく、二日以上にまたがって借りることも可能で車両もグレードが高いものを使っているので観光目的にいい。
ちなみに以前、前橋まで乗っていったのもダイチャリだったりする。

本当は伊香保を目指すつもりだった ハローサイクリングは電動自転車を試すことができる手ごろな手段の一つだ。 そこでそれを利用してポタリング...

上の座席付きモデルはちょっと普通の人が買えるモデルでは無い感じだが、荷物運搬用や介護用と色々使えそうでいい感じだ。業務用電動アシスト三輪自転車としては既にヤマハPAS GEAR CARGOがあるがそれよりも機動力がありそうな感じで住み分けができそうだ。

こちらの基本モデルの方は展示の仕方から見てそのままでの販売はないのかなーとかちょっと勘ぐってしまう。


この白いやつは既に配送用?として実際に使われているらしく、三輪のようで実は4輪。後ろの台車はそのまま引っ張り出せるようになっているらしい。電動の操作パネルはバーファンのもののように見えた。

一番見たかったパナソニックだが・・・。

いろいろ面白い話を聞けたバイシクルシティエキスポだが、実は一番見たかったパナソニックはスルーしてしまった。業界人むけの展示会なのでなんとなく気が引けてしまったのとポロクルと豊田サイクルでもうお腹いっぱいで反芻したくなってしまったのが理由。
まぁ、どっちみち実際にさわれるのは当分先なのでいいかなとも思ってしまったのだった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする