リムドライブのベルト交換

ミノウラのRDA80と言うローラー台を日頃使っている。いわゆるリムドライブという方式で、取り立てて静かとかパワー計測ができるとか特徴があるわけではないが気軽に使えるお手軽さがいいと思っている。

RDA80とは

ミノウラで発売していたリムドライブのローラー台でかなり前に廃盤になっている。
現在はRDA2429という後継機種が販売されている。
美点はタイヤを直接ローラーに接することがないのでタイヤが減らない、タイヤカスが出ない、専用タイヤがいらないなど。
取り付けが簡単で慣れれば1〜2分程度で装着できるのでバイクスタンド代わりにも使える。
欠点は強い負荷をかけると滑りがでてしまうこと。自分のRDA80はだいぶ古いこともあると思うが300ワットほどで露骨に滑ってきてしまう。
基本的にアップ用、比較的初心者用のローラー台としての位置づけなのだと思う。

異音がするので

交換前

そのRDA80だがローラーを回していると最近異音がするようになってきた。
音源の特定がしにくく、自転車本体が原因かもと思っても見たがよく見るとRDA80の駆動ベルトがだいぶひび割れてきている。
前回のベルト交換から1年10ヶ月しか経ってないのでちょっと早いかもと思ったがベルト自体はとても安いので交換してみることにした。

ホームセンターにはなかった

ミノウラのHPによるとRDA80の交換ベルトは一般に販売されているVベルトでK-16というらしい。
早速近くのホームセンターを3件ほど回ってみるがどこにも置いていなかった。特殊なタイプなのかもしれない。仕方がないので通販で購入した。450円、送料のほうが高い。

お正月を挟んだので1週間ほどで到着

交換手順ははミノウラのHPに詳細がある。慣れれば見なくてもイケるが実は一度それで壊してしまったことがある。
RDA80とリムドライブの現行機種であるRDA2429はあまり構造に違いがないらしい。

https://www.minoura.jp/japan/download/manual.html#verticalTab-13

交換後

交換してまずわかったのは前回より緩めにセットしたのに同じように回して負荷が強くなっていること。どうやら結構伸びてはいたらしい。
異音が消えたかどうかはこれから確認したい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする