ハローサイクリングに乗ってみる3

前回の続き

その3.ジアス北綾瀬

今度は住宅地の中、ジアス北綾瀬のポートに行ってみた。

3台置かれていた。バッテリーを確認してみる。

近場なら充分な感じ。

今まで見たところでは充電可能ポートにあった一台(エアロアシスタント)を除いてほとんどがヤマハのPAS ナチュラで揃っており、バッテリーは12.3Ahだった。しっかり充電されている車両があれば一日中引乗り回せそうな感じ。

ついでなのでちょっとだけ引っ張り出してみた。お試し程度だと120円くらいで済むのがハローサイクリングのいいところだ。

電源を入れていない状態だと普通の自転車より多少重い。乗れないことは無いけれどやっぱり充電されていてこその電動アシストだと思う。

電源を入れてみるとアシストは感じられるが20km程度を普通に維持できるのであれば特に電動アシストの必要性は(平坦では)ないなぁというのが自分の感想。

追記1
後日改めて15キロほど(電源をいれずに)走ってみた。

カモ見物



タイヤは前後ともにブリヂストンのEマイティロード4.5が奢られていた。
ヤマハの車両にブリヂストンのタイヤ・・・。標準装備なのだろうか?

追記2この日はほとんどの車両が満充電に近い状態で置かれていた。よくよくみると車両の充電池にもいろいろ違いがあることに気がつく

12.3Ah

12.3Ah

8.7Ah

これだけ15.4Ah

シェアサイクルは本当に乗る前のチェックが重要だなーと感じた次第。

その後の長距離走行記録はこちら

本当は伊香保を目指すつもりだった ハローサイクリングは電動自転車を試すことができる手ごろな手段の一つだ。 そこでそれを利用してポタリング...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする